• 正社員
  • 掲載開始日:2019.05.17
企業 藤本食品株式会社 業 種メーカー(食料品・医薬品)
職種

品質管理職

技術系(電気、電子、機械) / 品質保証、品質管理、生産・製造管理

年収

300万円 ~ 400万円

企業PR

食の安全、安心に貢献します。
多くの同業他社は販売先に納入する量に左右されて商売を行っています。大手コンビニの注文無くしては事業継続も危ぶまれるような経営を行っているとマージンを多く取られたり、原材料の仕入れ先である取引企業を限定されてコスト削減が実現しないなど、多くのデメリットが発生してしまい、コスト高になってしまいます。

当社は主に関西一円のスーパーと幅広く取引することで、原材料の仕入先を自由選択でき、供給価格を吊り上げられるリスクもありません。そのため、お手頃価格での納入が可能になるのです。
当社の仕入れる原材料は高いのですが、関西一円のスーパーとの取引量が非常に多いことで仕入れ価格を下げています。また、大量生産を行うことで効率を高め、人件費の費用対効果も非常に高く維持しています。

  • 大卒以上
  • 中途案件
  • 女性可
  • 職種未経験者可
  • 業種未経験者可
  • 男性可
  • 社会人経験2年以内OK
  • 女性管理職登用実績あり
職務内容

品質管理…
工場内でできた製品や調理設備・器材などの微生物検査、工場内の衛生確保、食品保管の適正化などを通じて、
食品会社の命ともいえる製品の安全性と品質確保に携わります。
また、万一不適合品が発生した際は早急に原因を追究、再発防止策の考案を行うことも非常に重要です。
工場で使用するアルコールなどの衛生資材の補充や備品の管理、食品の加熱温度のチェック・記録、
通路や玄関といった共有部分の清掃指導、機械の拭き取り検査など、
衛生や清掃に関することには特に注力しています。

【職務の特徴】
・食品会社にとって品質管理が最も大切であると考えている同社において、重要なポジションであるといえます。「手」を動かす検査担当のメンバーはいるため、マネジメントがメイン業務となり、高い品質レベルを保持するために関係部署(製造等)との連携を行っていただく業務となります。
・現場とのコミュニケーションをしっかりと取っていただくため、研究室にこもるような業務イメージではなく、ダイレクトに自らの業務を感じ取ることが出来る点が魅力です。

給与

[月給制] 【月給】
200,000円~267,000円
※ご経験・年齢による決定します。

勤務時間

7:00~22:00    の間で8時間勤務 ※シフト制
実働:8時間00分
残業: 月 10~30時間程度

勤務地 岐阜県 滋賀県 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 広島県
転勤の有無 有り
勤務地詳細

本社  :和歌山県岩出市中島928番地
大阪工場:大阪府大東市新田境町7番45号
滋賀工場:滋賀県守山市勝部4丁目1241番地
兵庫工場:兵庫県小野市住永町26番地
大島工場:兵庫県小野市大島町478-6
広島工場:広島県三原市沼田東町両名972番地1
奈良工場:奈良県桜井市大字新屋敷241-2
岐阜工場:岐阜県加茂郡富加町滝田971-1

求められる経験

【学歴】
大卒以上

【必須】
■食品業界における品質管理の経験
■第二新卒は興味がある方

休日

■完全週休2日のシフト制(但し、曜日は部署によって異なる)
■年次有給休暇(取得率100%推奨しています)
■慶弔休暇
■特別休暇

※年間休日105日

待遇・福利厚生

■昇給年1回(7月)
■夏季賞与(7月)
■冬季賞与(12月)
■決算賞与(3月)※業績による
■通勤交通費支給(会社規定による 50,000円/月)
■各種社会保険完備
■退職金制度(確定拠出年金併用)
■福利厚生倶楽部
■車通勤OK
■職務手当
■役職手当
■資格手当
■営業手当
■残業手当
■深夜手当
■休日出勤手当
■慶弔手当
■リゾートトラスト
■確定拠出年金制度
■育児・介護休業(取得実績あり)
■社宅制度:家賃の80%会社負担(会社都合による転勤の場合のみ)
■通信教育受講支援:福利厚生の一環として、様々なジャンルの通信教育を無料で受講することが出来ます。

募集背景
設立

1976年09月

資本金

9500万

売上高

242億500万円

従業員数

2,249名(パート含む 男子648名、女子1,601名)人

事業内容

近畿圏のスーパーマーケットはもとより、山口県から愛知県に至る各府県の約8,000の店舗に弁当・おにぎり等の米飯類・寿司類・惣菜類・麺類・調理パンなどの製造販売と外食事業としていも膳を展開

会社の特徴

多くの同業他社は販売先に納入する量に左右されて商売を行っています。大手コンビニの注文無くしては事業継続も危ぶまれるような経営を行っているとマージンを多く取られたり、原材料の仕入れ先である取引企業を限定されてコスト削減が実現しないなど、多くのデメリットが発生してしまい、コスト高になってしまいます。

当社は主に関西一円のスーパーと幅広く取引することで、原材料の仕入先を自由選択でき、供給価格を吊り上げられるリスクもありません。そのため、お手頃価格での納入が可能になるのです。
当社の仕入れる原材料は高いのですが、関西一円のスーパーとの取引量が非常に多いことで仕入れ価格を下げています。また、大量生産を行うことで効率を高め、人件費の費用対効果も非常に高く維持しています。