• 正社員
  • 掲載開始日:2020.10.14
企業 社名非公開 業 種フード・レストラン
職種

【経験者】料理スタッフ

営業、販売系 / その他 営業・サービス系

年収

300万円 ~ 480万円

企業PR

東証一部上場/美食レストラン・カフェ、ラグジュアリーホテルを経営
家族や友人とテーブルを囲む一時。人と人が結ばれるかけがえのない瞬間。旅先でほっと一息をつく時間。
ひらまつはこれまでの歴史の中で、唯一無二の美味しさやサービスを通じてお客様の人生に寄り添い、共に成長しながら様々な「時」を提供してきました。
プロフェッショナルとして徹底的に本物の質にこだわりながら、いち早く海外の食文化を日本に展開。
食材だけでなく、人や土地などあらゆる個を尊重し、その魅力を極限まで引き出すことで、記憶に残る食の体験を生み出してきました。
物の豊かさがあふれ、精神の豊かさが求められているこの時代。
ひらまつが「目の前のお客様を幸せにする」ために提供し続けてきた「心をゆさぶるほどの感動」は、より広く世の中から求められています。
食の可能性を広げながら、この世界を、 食の感動でつながる大きなテーブルにすること。
それが、これからのひらまつの決意です。

  • 中途案件
  • 女性可
  • 職種未経験者可
  • 業種未経験者可
  • 男性可
  • 転職回数不問
  • 英語が活かせる
  • 学歴不問
  • 社会人経験1年以内OK
  • 社会人経験2年以内OK
  • 女性管理職登用実績あり
  • 産休・育休取得実績あり
職務内容

【ミッション】
・ホテルレストランの心臓であり、個を表現するアーティストとして、目の前の一皿に命を吹き込み、真っ白なキャンバスに己を表現しながら、その一皿の向こう側にある生産者の想いまでも届けることです。

【業務内容】
〇料理スタッフとして下記の業務を担当していただきます。
・フランス料理、イタリア料理、カフェ、日本料理における調理に関わる業務全般
・仕入れ業務(シェフクラスは産地視察もあり)
・メニュー開発、考案のサポートなど

【この仕事の魅力】
・個々の成長意欲に合わせて時間と集中でスキルアップができます。
・色々なお店があり、それぞれお店の味があります。転職せずに色々なのシェフの料理を見ることができます。
・お客様が満足された時の笑顔に、喜びを感じる事ができます。

給与

[年俸制] 月給:250,000円~400,000円
基本給:172,000円~275,000円
固定残業手当:78,000円~125,000円(固定残業時間60時間0分/月)
※超過分は別途支給
※経験・能力・前職年収等を考慮し当社規定により優遇。

勤務時間

シフト制(実働8時間勤務)
シフト制(実働8時間勤務)

勤務地 神奈川県 長野県 静岡県 三重県 奈良県 沖縄県
転勤の有無 有り
求められる経験

【必須要件】
・ホテル、レストランでの料理経験が3年以上ある方。

【歓迎要件】
・複数のジャンルのホテル、レストランで料理経験がある方。

休日

■週休2日制
■季節休暇10日
■有給(初年度10日)
■特別有給休暇(前・産後休業、育児休職、子供の看護休暇、介護休業・休暇)

待遇・福利厚生

■昇給:年1回(4月)
■賞与:決算賞与
■通勤手当:上限5万円
■食事補助
■社会保険完備
■社員持株会、慶弔見舞金制度、互助会制度
■ソムリエ試験資格取得補助制度、フランス研修
■海外旅行補助制度
■社員割引(レストラン、ホテル、ブライダル利用)
■直輸入ワインの社員販売

募集背景 体制強化の為増員
設立

1982年4月

資本金

12億1300万円

売上高

98億8700万円

従業員数

565名人

事業内容

〇レストラン・カフェ・ホテル経営
・レストラン・カフェ 計29 店舗(フランス料理17 店・イタリア料理7 店・カフェ5 店)
・ホテル 6 施設+1 施設(2021 年オープン)計7 施設(賢島・熱海・箱根・宜野座・桜井・京都・軽井沢)

会社の特徴

家族や友人とテーブルを囲む一時。人と人が結ばれるかけがえのない瞬間。旅先でほっと一息をつく時間。
ひらまつはこれまでの歴史の中で、唯一無二の美味しさやサービスを通じてお客様の人生に寄り添い、共に成長しながら様々な「時」を提供してきました。
プロフェッショナルとして徹底的に本物の質にこだわりながら、いち早く海外の食文化を日本に展開。
食材だけでなく、人や土地などあらゆる個を尊重し、その魅力を極限まで引き出すことで、記憶に残る食の体験を生み出してきました。
物の豊かさがあふれ、精神の豊かさが求められているこの時代。
ひらまつが「目の前のお客様を幸せにする」ために提供し続けてきた「心をゆさぶるほどの感動」は、より広く世の中から求められています。
食の可能性を広げながら、この世界を、 食の感動でつながる大きなテーブルにすること。
それが、これからのひらまつの決意です。