• 正社員
  • 掲載開始日:2022.01.20
企業 社名非公開 業 種メーカー(食料品・化粧品)
職種

経理(マネージャー候補)

事務、企画、管理系 / 経理・財務

年収

700万円 ~ 1000万円

企業PR

■【年間休日125日、平均有給取得率70%以上、平均残業15時間未満】日本初の医薬品・治験薬の受託製造専門会社(CDMO)です。
国内唯一の医薬品・治験薬の受託開発・製造専業メーカー(CDMO)です。
ジェネリックの台頭や治験薬開発ニーズの増加、グローバル競争の激化など変化の激しい医薬品業界において、同社は設立以来、国内外製薬メーカーの多彩な医薬品と治験薬の製造を担ってきました。
両工場合わせて年間100億錠を超える国内屈指の生産能力が同社の強みです。
また2017年7月には武田薬品工業株式会社のファーマシューティカルサイエンス部門の一部事業を買収し、スペラファーマを立ち上げました。
これにより、原薬合成法開発・製剤設計・分析法設計という上流工程についても受託領域が広がり、医薬品の開発~製造まで一貫して提供可能な体制が整いました。

  • 大卒以上
  • 中途案件
  • 女性可
  • 男性可
  • 年間休日120日以上
  • 英語が活かせる
  • 女性管理職登用実績あり
  • 産休・育休取得実績あり
  • 完全週休二日制
職務内容

経理財務部のマネージャー候補として下記業務をお任せ致します。プレイングマネージャーとしてのご活躍を期待しております。

■職務詳細
・計算書類/キャッシュフロー計算書の作成、決算業務の取り纏め、原価計算、固定資産管理業務等のマネジメント
・社内マネジメントレポートを通じた経営サポート
・原価計算システム再構築など現状のプロセス改善
・経理財務部スタッフ指導・育成

■働きやすい環境
人々の健康に貢献する医薬品をつくる会社が社員の健康を損なう環境であってはならないとの考えのもと、社内環境の充実に取り組んでいます。定期的なフォローアップ研修、上司や人事との面談など、多くの教育も実施致します。また、有給休暇の取得率が70%を超える当社では、徹底したワークライフバランスを心掛けており、上司や部下、役職に関係なく気軽に相談できる環境を当社の魅力と語る社員が多いです。

給与

[月給制] ■月給:404,000円~554,000円

※給与詳細は現職(前職)での年収・経験に応じて決定します。
※予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
※月給は固定手当を含めた表記です。

勤務時間

8:30~17:10    休憩55分
実働:7時間45分
残業: 月 10~20時間程度
<フレックスタイム制>
コアタイム:10:00~15:00

勤務地 埼玉県
転勤の有無 無し
求められる経験

【必須条件】
下記全てを満たす方
・製造業での原価計算書の作成
・決算取り纏め
・計算書類/キャッシュフロー計算書作成
・税務申告書作成、国税/監査対応  

【歓迎条件】
・公認会計士/ 税理士資格
・メーカーでの経理経験
・マネジメントレポート作成経験

休日

■年間休日126日
■完全休日2日制(土曜・日曜・祝日)
■夏季休暇(3日)
■年末年始休暇(6日)、その他
■有給休暇(入社後半年経過で10日付与)
■慶弔休暇
■ボランティア休暇
■育児・介護休暇
■私傷病休暇(半期で20日・規定内)

待遇・福利厚生

■社会保険完備
■昇給 年1回(4月)
■賞与 年2回(7月・12月)※前年度実績5ヶ月分
■通勤手当(上限5万円)
■食事手当
■住宅手当
■家族手当
■慶弔金
■永年勤続表彰
■財形貯蓄
■確定拠出型年金(401K)
■団体生命保険
■健康相談、予防接種
■通信教育補助、英会話クラス支援、TOEIC(R)テスト補助
■キャリアリターン制度
■失効年休積立制度(失効した有給を会社が積立)

募集背景 体制強化のための増員
設立

1998年8月3日

資本金

10億円

売上高

282億2000万円

従業員数

1,031名人

事業内容

医薬品・治験薬の受託製造

会社の特徴

国内唯一の医薬品・治験薬の受託開発・製造専業メーカー(CDMO)です。
ジェネリックの台頭や治験薬開発ニーズの増加、グローバル競争の激化など変化の激しい医薬品業界において、同社は設立以来、国内外製薬メーカーの多彩な医薬品と治験薬の製造を担ってきました。
両工場合わせて年間100億錠を超える国内屈指の生産能力が同社の強みです。
また2017年7月には武田薬品工業株式会社のファーマシューティカルサイエンス部門の一部事業を買収し、スペラファーマを立ち上げました。
これにより、原薬合成法開発・製剤設計・分析法設計という上流工程についても受託領域が広がり、医薬品の開発~製造まで一貫して提供可能な体制が整いました。