• 正社員
  • 掲載開始日:2021.10.21
企業 株式会社VEQTA 業 種バイオベンチャー
職種

【大阪】人事・総務管理者

事務、企画、管理系 / 人事・総務・労務

年収

380万円 ~ 500万円

企業PR

私たちは2014年8月、生命情報の見える化、感覚を科学的に定量化することを信条に、愛媛大学発ベンチャーとして産声を上げました。その使命は、構成要素を理論的、科学的に調べ、その本質を明らかにして解決の手段、対策の提示を行い再発防止までの導線を引く「真の解析」を追求し続けることです。単に問題点の抽出分析のみでは課題の解決や再発防止にはなりません。 私たちは、伴侶動物が飼い主の人生に大きく影響を与えたり、家族の絆を深めたりするなど、伴侶動物の存在の大きさを強く実感しています。しかし、そのような大切な伴侶動物の代表とされる犬や猫が遺伝性疾患によって生活に大きな支障をきたし、飼い主の精神的な痛みのみならず、経済的な負担が増してしまうこともあります。 そのために私たちは、単なる検査だけに留まらず、未病へのアプローチについての導線を、各方面の指導・協力機関とともに構築していくことが、課せられた使命だと認識しています。 そして私たちは、伴侶動物が家族と「健康生活」が送れるよう、予防・健康検査サービスを提供し、重症化予防、発症予防の研究開発を推進していくことで、家族と伴侶動物が生涯に渡り、寄り添えるサポートサービスの実装を目指していきます。

  • 大卒以上
  • 中途案件
  • 40歳以上OK
  • 女性可
  • 業種未経験者可
  • 男性可
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休二日制
職務内容

人事、総務、労務、経理、広報、ITなど、適性を考慮して幅広く担当して頂きます。
※その他、意欲と能力に応じた仕事をしていただく場合があります。

★弊社は、主にコンパニオンアニマルや産業動物の遺伝子疾患の分析に始まりコミニケーションのとれない動物の健康状態や食べているものがあっているかを腸内細菌叢分析より紐解くビジネスを展開しております。
また分析結果より、機能性サプリメントやおやつ等の開発、生産販売までを開始しました。
結果、動物で得られたデータや知見を5年後を目指し人へのデータ活用を目指しています。

給与

[年俸制] ■月額:33万円~42万円

※予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
※月額は固定手当を含めた表記です。

勤務時間

9:00~18:00    休憩時間:60分
実働:8時間00分
残業: 月 0~20時間程度
※定時での退社もございます。

勤務地 大阪府
転勤の有無 無し
勤務地詳細

大阪本社
大阪府大阪市中央区北浜1-9-10 北浜宗田ビル 201号

最寄り駅:京阪/Osaka Metro「北浜」駅徒歩2分

※受動喫煙対策:屋内全面禁煙

求められる経験

大学卒以上

【必須】
・人事もしくは経理管理経験者(給与計算必須・人材育成経験者)
・PCスキル必須(ワード・エクセル・PPは必須)
・プロジェクト管理経験者

【尚可】
シニアの方活躍中

休日

休日日数120日
■週休2日制(休日は会社カレンダーによる ※基本カレンダー通り)
■年末年始休暇
■有給休暇(初年度10日 、入社6か月目以降付与)

待遇・福利厚生

■昇給:年1回(4月)
■賞与:年1回
■成果に応じインセンティブ:年1回(12月年度業績連動し支給率決定)
■社会保険完備:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
■通勤手当:実費(上限1.5万円上限)

<教育制度・資格補助補足>
■OJT

<その他補足>
■適格者についてはストックオプション配布を検討(2025年のEXITを予定)

<各種制度>
■時短勤務制度

<その他>
■私服勤務OK
■在宅勤務OK
■オフィス内禁煙

募集背景 欠員補充のため。
設立

2014年8月1日

資本金

1億600万円(準備金含まず)

売上高

非公開

従業員数

10名人

事業内容

ペット・畜産における検査及びメディカル事業
BtoBにおける開発受託及びコンサルタント

会社の特徴

2014年8月、生命情報の見える化、感覚を科学的に定量化することを信条に、愛媛大学発ベンチャーとして創業を行っています。
伴侶動物が飼い主の人生に大きく影響を与えたり、家族の絆を深めたりするなど、伴侶動物の存在の大きさを強く実感しています。
しかし、そのような大切な伴侶動物の代表とされる犬や猫が遺伝性疾患によって生活に大きな支障をきたし、飼い主の精神的な痛みのみならず、経済的な負担が増してしまうこともあります。
私たちは、単なる検査だけに留まらず、未病へのアプローチについての導線を、各方面の指導・協力機関とともに構築していくことが、課せられた使命だと認識しています。